ojiisan_surpriseプレーヤーをヤングルに既成で組み込むべきかエクボも悩みました!
音響機器の進歩は早く 今後どんどん進化するハイレゾ音源(各種ミュージック)再生装置の登場!…そして何より…

会員の皆様のすべての音響機器の嗜好に応えるご対応は、「不可能」と判断しました。(再生機器の価格は数万円から数百万円以上まで…)

…音響再生機器の価格とレベルは幅があります。
ならば、

音響機器が たとえどんなレベルで登場しようとヤングルに接続さえできれば「すべて」光と合体させられる技術の方に「エクボ」は開発方針を「特化」しました!

「プレーヤー」と「ヤングル」を別にした理由は「この判断」だったのです!


ハイパーブレスライト最新版・ブレスライト ヤングルについてはこちらから!
今ならクリスマス限定特典付き!