エクボのメルマガでもご紹介している、「ハイレゾ版 あたらしい金の音」を、試しに聴いてみました。

前回はヘッドホンをご紹介しました。今回は、ネットワークオーディオプレーヤーというものをご紹介します。

家のリビングで、スピーカーからハイレゾ物質音を鳴らすには、一番カンタンな製品です。

Pioneer N-50A

a


ハイレゾ音源のファイルを再生する方法って、実はまだ限られています。個人の意見ですが、主に3種類の方法があると考えています。


1つ目は、以前ご紹介した、ハイレゾ対応のポータブルオーディオプレイヤー。そう、ウォークマンです。でも、自宅の大きなスピーカーで聴きたいときは……?




bそして2つ目が、パソコンからハイレゾ音源のファイルを再生する方法。


パソコンと、ハイレゾが再生できる装置(デジタルアナログコンバータ、DACなどとも言われたりします)をつなげ、オーディオ用スピーカーから音を出します。


つまり、パソコンとスピーカーの仲介役。それが、「N-50A」。


背面も、パソコンと繋ぐための端子がいっぱいです。




でも、パソコンって接続方法がややこしいし、難しいし、なんだかんだで面倒。

だから、パソコンを使わずにすむ方法が欲しい。


そこで、一番カンタンな「第3の方法」。

それが、「N-50Aに、ハイレゾ音源が入ったUSBメモリを挿し込む」方法です。




c

エクボから販売している「ハイレゾ版 あたらしい金の音」なら、既にハイレゾ音源を入れてお送りしておりますので、3ステップだけで楽しめます。


1. N-50AにUSBメモリを挿す

2. N-50Aのリモコンで、USBメモリの中身を見る

3. 中のハイレゾ音を再生する


最も耐久性の高い、工業用グレードのUSBメモリですので、再生しっぱなしでも安心。もちろん、ダウンロード購入したハイレゾ音源も、パソコンでUSBメモリにコピーすれば再生できます。





d

忘れておりましたが、この「N-50A」から、スピーカーに音を出すには、AVアンプというものが必要になります。


3000円からのアンプがありますが、弊社の技術担当が10製品ほど試したところ、いずれも品質が悪かったとの事。

そのため、社内では国内ブランドONKYOのAVアンプを使用。ONKYO傘下のPioneer製品と相性が良さそう(終売品なので、型番はヒミツです)。


この製品のおかげで、社内はいつも、ハイレゾの物質音で満たされています。




気になった方は、N-50Aで検索してください。


USBメモリ付!ハイレゾ版あたらしい金の音についてはこちらから!

あたらしい金の音 MP3ダウンロード版 販売中!